池ノ原一里塚

池ノ原一里塚

池ノ原一里塚

一里塚は宝永3年(1706)のころ、鹿児島城下の札辻を基点とし、街道筋に設置されたと思われる。
この一里塚は東の「漆野原一里塚」を経て綾に至り、西の加久藤筋を経て鹿児島本府へ至る街道筋にあたる。
街道筋には植林されて松並木が形成された。
一里塚には、夏に木陰になる桜、榎などが植えられ、旅人の憩いの場となり、また、旅程の目安にもなった。
形状はほぼ原型を留めているが、反対側に一部の塚後が残っている。