大沢津のオガタマノキ

大沢津のオガタマノキ

大沢津のオガタマノキ

オガタマノキはモクレン科の常緑高木で、本州関東から沖縄に分布する。
春には径3cmほどの白色の花が咲き、芳香があり、果実は集まって球果状になる。
オガタマノキは、「招魂の木」とも言われ、古来、神事用として社寺に植えられた。
宮崎県一はもとより全国でも最大級と称賛される貴重な樹木で、樹齢400年、幹囲5.5m、樹高16mの巨木である。