米良筑後守の墓

米良筑後守の墓

米良筑後守の墓

知勇兼備の名将であった米良筑後守(重方)は、元亀3年(1572)5月4日、木崎原の戦いで戦死し、島津義弘による首実検の後、米良家の菩提寺であった一麟寺に届けられた。
現在、一麟寺跡にある五輪塔の中の一つに「龍室玖虎」と刻されたものがあり、この五輪塔を筑後守の墓として祀っている。