須木村古墳

須木村古墳

須木村古墳

昭和55年(1980)、須木役場庁舎建築に伴う敷地造成中の10基の地下式横穴墓が発見された。
宮崎県教育委員会の発掘調査によって、およそ5世紀後半から6世紀前半(約1500年前)ごろに築造されたと考えられる地下式横穴墓が確認され、人骨は11体、遺物は主に直刀・剣・刀子・鉄鏃などが出土した。
櫛を着想した状態で出土した9号人骨は全国でも珍しいものである。