粥餅田古戦場跡

粥餅田古戦場跡

粥餅田古戦場跡

元亀3年(1572)5月4日、木崎原の戦いで敗れた伊東軍は、島津軍の追撃をうけて、柚木崎丹後守(正家)と島津兵庫頭(義弘)は一騎討ちとなった。
槍の名人であった丹後守は兵庫頭に必殺の一撃を繰り出したが、一瞬、兵庫頭の馬が前膝を折ったため目標が逸れ、ついには島津兵に囲まれて討ち死にした。(異説もある)
この戦いが行われた場所が現在の粥餅田一帯であると伝えられている。
北西方橋谷には丹後守の墓が祀られている。