石氷橋

石氷橋

石氷橋

明治25年(1892)、人吉の県道開通にともなって木造の橋がかけられ、その後大正時代に
石造りとなり、昭和18年(1943)に現在の二連アーチ」石橋となった。
別名「メガネ橋」とも呼ばれている。
橋の長さ、25m 幅、4,5m 高さ、7m