東方大丸太鼓橋

東方大丸太鼓橋

東方大丸太鼓橋

浜ノ瀬川にかかるおよそ長さ31.5m 幅3m 高さ14mの石造アーチ橋で、薩摩加治木の豪商「森山新蔵」が私費で弘化4年(1847)に施工した。
現存する石橋では県内で最も古いものである。
この橋は水路橋で、完成後は大丸開田の用水や上流のつり橋を渡っていた人馬の便が画期的に改善されました。