橋満橋

橋満橋

橋満橋

浜ノ瀬川上流の三之宮峡にかかっている。
昭和18年(1943)地元の人々が材料を調達し、祖国振興隊などの奉仕作業で造られた。
戦時中の為、鉄骨が手に入らず、かわりに竹を使った竹筋のコンクリートと石材でできた珍しいはしである。
橋の長さ17m 幅5.2m 高さ23m