本田遺跡

本田遺跡

本田遺跡

縄文時代早期から後期(約8000~3000年前)にかけて、この地域に古代人が生活し、南九州と西九州との間に交流があったことを示す貴重な遺跡である。
昭和41年(1966)に発掘調査が行われ、石鏃(石でつくられたやじり)・石斧・石槍など多数の石器とともに、縄文時代の土器と重なりの順序が確認され、また、竪穴住居の柱穴や炉跡、土壙墓(地面に掘った穴に遺体を納めた墓)などの遺構も発見された。